後悔しないお墓創りをサポート-十和石材【広島】-

十和石材 > 墓石の施工例 > 90万円台! 高級インド墓フルセット
墓石の施工例
90万円台! 高級インド墓フルセット
水を吸わず弾く石「銀河」夫婦両家の遺骨が入るため、墓誌の表題には「倶会一処」と彫刻
剣付角布団3尺丸型墓前灯篭
  • 90万円台! 高級インド墓フルセット
  • 広島市M様 平成20年11月建立
  • 施工場所
  • 宮島墓苑(廿日市市)
  • 石種
  • 銀河(インド産)
  • 形式
  • 宮島型8寸4重台・角布団付
  • 仕様
  • 墓誌、3尺丸型墓前灯篭、供物台(宮島型・出家紋彫)、香炉(大名笠型・寝線香)、風防付ローソクク立、花立(ステンレス製)、玉砂利(那智黒)
  • 施工ポイント
  •  「安くて水を吸わない」と、業界内でも評価の高い、インド産石材「銀河」のお墓が当社施工例にも遂に登場。今年は中国産石材のイメージダウンで、インド産石材の注文が伸びました。中でも「銀河」は石目が細かく、価格も最高ランクなのですが、写真の和墓フルセットが、なんと90万円台(巻石別途)で建てられます。

     「水を吸わない」性質は他と比べても郡を抜いていて、小雨の後など、ほとんどの石は水を吸収してしまいお墓の表面に水滴が残らない状態になるのですが、インド産の「銀河」と「アーバングレー」は水を吸収せずに弾き、水滴が石の表面についています。水を吸わないということは耐久性も高くなりますので、生前墓や長く使われる先祖代々のお墓におすすめです。色は中国産の黒龍より色濃く、青味深いといった色合いです。

     お墓には奥様方のご先祖様も二名入られるご事情もあり、墓誌の表題は「○○家の墓誌」とせず、「倶会一処」(極楽で往生しましょう)という浄土真宗の言葉を刻みました。

     玉砂利は年月が経って色あせせず高級感が出るように、那智黒の「ツヤ有り」と「ツヤ無し」を半分ずつ使いました。色濃い墓石にはよく合いますね。灯籠は3.5尺サイズが8寸墓の主流ですが、ひと回り小さい3尺を置き、標準的な8寸サイズの和墓を大きく見せることに成功しました。

戻る

次へ

>> 墓石の施工例一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせはコチラ