後悔しないお墓創りをサポート-十和石材【広島】-

十和石材 > 墓石の施工例 > 段々畑広がる村墓地に「昭和レトロ墓」建立
墓石の施工例
建替え前

建替え後
額縁加工下蓮華加工
  • 段々畑広がる村墓地に「昭和レトロ墓」建立
  • 広島市K様 平成20年10月建立
  • 施工場所
  • K家の共同墓地(広島市安佐北区)
  • 石種
  • 黒龍(中国産)
  • 形式
  • 宮島型9寸3重台・額縁&下蓮華
  • 仕様
  • 墓誌、供物台(宮島型・出家紋彫)、花立(ステンレス製)、香炉(大名笠型・寝線香)、風防付ローソクク立、玉砂利(五色)、撥水・光触媒コーティング加工
  • 施工ポイント
  •  当初は自宅から車で約30分かかる田舎のお墓を処分して、自宅近くで墓地を探して新しくお墓を建てたいと相談を受ける。しかし自宅近くの墓地は徒歩圏内には空きがなく、車での移動が必要な場所しかない状況。しかも広島市のど真ん中、価格も百万を下らない。聞けば先祖代々の墓地は管理費が不要な共同墓地とのこと。実際にK夫婦と田舎の墓地に同行し調査。そこは、美しい段々畑の田園風景が広がるまさに“日本の田舎”といった場所。「ここを手放すのはもったいない」と伝え、田舎での建替えをすることに決まりました。

     周囲には墓石業界が機械化する前、職人が手作業で作っていた昭和30年代の墓が多く、「南無阿弥陀仏」など仏石の文字の周りを縁取った“額縁加工”の墓が多く並んでいました。そんな田舎の原風景を壊すことなく、高級感と存在感をサラリと漂わすため、額縁加工&下蓮華を当社ではじめてやってみました。周囲が森で少し湿気が溜まりやすく、シミやコケのある墓が多かったので、石は水を吸いにくく、シミが出ても分かりにくい濃い色の「黒龍」を選びました。さらにダメ押しで撥水&防汚コーティングも施工。こちらの「昭和レトロ墓」は墓誌付きで110万円前後でお求めいただけます(巻石工事は別途)。

戻る

次へ

>> 墓石の施工例一覧へ戻る

資料請求・お問い合わせはコチラ